Appleストアで修理するか、iPhone修理店で修理するか

Appleストアで修理するか、iPhone修理店で修理するか

 iPhoneが故障したとき、修理に出すと決断する前に自分で確認すべきこと、自分でできることについてご紹介してきました。それでいよいよ修理に出すとなっても、まだ少し、考えるべきこと、すべきことがあります。
 ひとつは、「Appleストアに送る(持ち込む)べきか」「iPhone修理店で修理すべきか」を考えることです。
 
■Appleストアで修理するメリット・デメリット
 第一選択となるのがAppleストアや正規修理サービスプロバイダーでの修理です。しかし、問題がないわけではありません。メリットとデメリットを見ていきましょう。
 
  • メリット
診断・修理が的確
 さすがにiPhoneを作っているメーカーそのものなので、対外的には伏せられている情報まで握ったうえで対応してくれます。まず電話やメールでの問い合わせの段階から、的確な質問やアドバイスをしてくれますし、そのうえで純正部品を用いた修理をしてくれます。フロントパネル以外の部品まで修理が必要な場合には、本体まるごと新品と交換です。「完璧」というほかないiPhoneが戻ってくるわけです。そういった点では安心できます。
 
引き続き製品保証を受けられる
 純正の部品を使った正規メーカー修理になるので、1年の製品保証期間、2年のAppleCare期間が残っている限り、引き続き保証を受けられます。逆に言うと、非正規の修理業者に何かしてもらったデバイスは、アップル社による保証の対象外になってしまいます。
 
AppleCareに入っていれば安く済む
 前項で紹介しましたが、フロントパネル交換なら一律3,400円、それ以外の修理なら一律11,800円で修理ができます。安価な修理をうたう街中のiPhone修理店でも、安くてだいたい1万5,000円前後からなので、AppleCareに加入しているのであれば、Appleストアに送るか持ち込んで修理した方が安く済みます。
 
  • デメリット
AppleCareに入っていないと高くつく
 iPhone Xの本体修理60,800円(税抜)を筆頭に、保証外の修理料金は目がくらむほど高額になります。安価な機種でも、保証外の本体修理となると本体価格の半額ちかい金額が料金の目安になってきます。フロントパネルの交換以外の修理になると、原則としてデバイスそのものが新品と交換になるため、不具合のある部品をピンポイントで交換・修理するよりも、どうしても高くついてしまうのです。
 
時間がかかる
 Appleストアや正規修理サービスプロバイダーは、非常に数が限られています。Appleストアは大都市部にしかなく、正規修理サービスプロバイダーも県庁所在地など、地方中枢都市にしかありません。そのため、Appleストアや正規修理サービスプロバイダーの修理受付は、常にたいへん混雑しています。土日祝日には、よほど運が良くなければ修理予約が取れません。
 修理そのものにも時間がかかります。フロントパネル交換だけでも数日、それ以外の本体修理だと1週間ほどはかかります。さらに、ちかくにAppleストアや正規修理サービスプロバイダーがない場合には郵送での修理になりますので、送付・配達の時間も加わります。
 つまり、費用の面ばかりでなく、時間や労力の面でもコストがかかってくるわけです。
 
修理箇所を限定できない
 たとえばバッテリーの交換を依頼したとします。バッテリー交換だけなら、製品保証期間内、またはAppleCare保証期間内であれば無料、保証外でも3,200円(iPhone 6以降の機種・2018年12月31日まで)でできます。
 ところが、リチウムイオンバッテリーは劣化すると膨張する性質があります。iPhone内部でバッテリーが膨張し、フロントパネルや筐体その他の部品を圧迫して、ゆがませたり破損させたりしてしまうこともありえます。そうしたバッテリー膨張から派生したトラブルをAppleストアが見つけると、Appleストアはその部分の修理も必要と判断します。たとえその時点で使用上問題がないとしても、修理・返却後に使い続けるうえで将来的に不具合が出ると考えて、修理が必要と判断するのです。
 その場合、Appleストアはユーザーに連絡をして、「バッテリー交換だけでなく派生トラブルの修理をも行い、その分の料金も払う」か、あるいは「バッテリー交換も何もせず、本体を返却する」かという、つまりは all or nothing の選択を迫ります。たとえ使用上問題なかったとしても、バッテリー交換だけを行って派生トラブルの修理はしないという選択はできないということです。
 このように、Appleストアや正規修理サービスプロバイダーは、不具合を起こした部分をピンポイントで修理したり交換したりといった対応をしません。問題のあるところをすべて修繕しようとします。アップル社としては、ユーザーが快適に製品を利用できるよう万全を期しているわけですから、これはメーカーとしての誠意と言えます。しかし柔軟性に欠けるとも言えるでしょう。
 
データがすべて消える
 新品交換での対応だと、当然デバイス内はまっさらです。フロントパネル交換のみでも、原則としてデータは消えます。「データに関しては保証を一切しない」というのがAppleのスタンスなので、たとえ消さなくてもいい場合であっても、サービスの均一性を保つために消してしまうのです。
 したがって、思い出の写真、電話帳、ラインのトーク履歴、ゲームの課金アイテムなど、すべて消えます。
 ですから、Appleストアに修理を依頼する前に、PC(iTunes)かiCloudでバックアップを取っておかなければなりません。デバイスが「電源が入らない」「画面割れで操作ができない」など、バックアップがとれない場合には、データはあきらめるしかありません。


アイホン修理なら札幌のアイフォンクリア

アイフォン修理なら札幌のアイフォンクリア

iPhone修理なら札幌のアイフォンクリア